ここから本文です

「決してあきらめないことだ。常に戦うこと。あきらめたら、もうその先の道はないんだ」ドン底を味わったからこそ深いタイガー・ウッズの言葉学

4/17(水) 16:31配信

みんなのゴルフダイジェスト

たび重なるケガと繰り返される手術、不倫発覚に始まったどん底人生など、これでもか、と多くの試練が待ち受けていたタイガー・ウッズの過去11年。幾多の苦難を乗り越えて、昨年ツアー選手権で5年ぶりに優勝し、メジャーではマスターズで11年ぶりに優勝した彼の言葉には、私たちの人生にも当てはまる、大事な教訓や考え方がある。今回はそんな彼の言葉からピックアップしてみたい。

マスターズ5勝目!タイガー・ウッズのアイアン連続写真

ネバー・ギブアップ!

彼はマスターズ優勝後の会見で、記者から「人生や私生活でのトラブル、肉体的な問題に悩む人に、何かメッセージはないか?」と問われ、次のようにコメントしている。

「決してあきらめないことだ。当たり前だけど……常に戦うこと。あきらめたら、もうその先の道はないんだ。もちろん、常に戦い続けたからこそ、僕は今の位置にいるのだが、逆にその戦いによって引きずり降ろされることもある。ゴルフキャリアにおいても、人生においても、僕はとてもうまくやる考え方を持っていたが、それをちょっと変えて、違うことに取り組まないといけないこともあった。とにかくそのことに集中し、戦い続けるんだ。毎朝起きると目の前にはいつも挑戦することがあるが、戦い続ければそれらを切り抜けられるんだ」

「ネバー・ギブアップ」という言葉は、決して目新しい言葉ではないが、様々な苦難を乗り越えてきたタイガーが言えば、非常に説得力がある。

不倫が発覚して離婚したとき、あるいはSEX依存症でリハビリが必要だ、と言われ、それを世間に公表したとき、タイガーは今までの人生で最も苦しい時期を過ごしていたのではないか。そんなときでもゴルフをすることをやめなかったから今がある。

当時、きっと彼の財産があれば、ゴルフをやめても一生不自由なく生きることはできただろう。しかし、どんな困難があろうとも、ゴルフをすることをやめず、ツアー復帰をあきらめなかったからこそ、先日の感動的な優勝が生まれたのだ。あきらめずに扉を叩き続ければ、きっとその扉はいつかは開き、次のステップへと進むことができる。これはどんな人間に取っても同じこと。

今、いろいろなことで苦しんでいる世界中の人々にとって、この言葉によって励まされ、光を見出すことができた人も多いのではないか?

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事