ここから本文です

ブラジル産牛肉の輸入 中国政府が追加許可か

4/17(水) 7:08配信

サンパウロ新聞

 駐ブラジル中国大使のヤン・ワンミン氏は15日、ロイター通信の取材に対し、中国政府は今年5月に行われるハイレベル交渉の後、さらに多くのブラジル産牛肉の輸入を許可することに同意するかもしれないと明かした。伯メディアが16日付で伝えた。

 同大使は、ブラジルの何カ所の食肉処理場が中国向けの牛肉輸出を許可されることになるかについてはコメントを控えたが、この問題はブラジルのテレザ・クリスチナ農業相が5月に中国を訪問する際に議論されることになると述べた。そして、ブラジル産牛肉の輸出に関する新たな許可については、ブラジルのハミルトン・モウラン副大統領が同じく5月に北京を訪れた際に発表される可能性があるとの見方を示した。

 ヤン・ワンミン大使は「両国の農業省とそれらの品質検査部門の協力を通じて、ブラジルのより多くの農産品や畜産品が中国市場に輸入されるようになると我々は信じている」と話す。

 なお、この問題に詳しいある人物は、最大78カ所のブラジルの食肉処理場を中国向けの正規輸出業者のリストに追加することができるとしている。

サンパウロ新聞

最終更新:4/17(水) 7:08
サンパウロ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事