ここから本文です

朝来市の中学女子バスケ部 保護者の男性が部員に暴行/兵庫県

4/17(水) 16:33配信

サンテレビ

兵庫県朝来市の市立中学校の女子バスケットボール部で2018年、保護者の男性が部員4人を殴る暴行を行いましたが、顧問の教諭は学校に報告せず黙認していたことが分かりました。

朝来市の教育委員会によりますと、2018年8月、朝来市立梁瀬中学校の女子バスケットボール部の練習中、見学していた保護者の男性が「もっと真剣にやれや」などと怒鳴りながら、自分の子どもを含む当時3年生の部員4人の側頭部を1回ずつ平手打ちしたということです。

その場にいた顧問の教諭やコーチは制止することなく、さらに学校にも報告を行っていませんでした。

その後も男性が見学に来ることに対し、恐怖心を持った別の部員が2018年11月ごろから不登校になったことで暴行が発覚したということです。

男性は生徒らに謝罪して、顧問の教諭は4月から別の学校に異動しているということです。

最終更新:4/17(水) 17:22
サンテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事