ここから本文です

完敗のマンチェスター・U、スールシャール監督「バルサのレベルに到達しなければ」

4/17(水) 6:37配信

GOAL

バルサに完敗を喫す

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、バルセロナが高いレベルにあったことを認めている。

ため息が出るほど美しい美女だらけ!世界トップ選手を支えるパートナーたち【50枚】

マンチェスター・Uは16日、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでバルセロナと対戦。0-3と完敗を喫し、2戦合計0-4で敗退が決まった。スールシャール監督は試合内容を振り返りつつ、リオネル・メッシの存在が勝敗を分けたと語る。

「結果が欲しいのであれば、パフォーマンスが必要だ。最初の15分はチャンスを作ったが、メッシが角にゴールを決めた。言えるのは彼にトップクオリティがあり、違いを作れるということだ。彼とクリスティアーノ・ロナウドはここ10年で最高の選手であり、今日はそのクオリティを示した」

さらに、ユナイテッドが行くべきレベルにも言及。元の常勝軍団へ戻るため、バルサは超えるべき壁だと考えているようだ。

「バルセロナは我々が行かなければならないレベルにある。そこに行けるときもあるが、まだするべきことはある。ユナイテッドの伝統、レベルを取り戻すなら、バルセロナに挑戦しなければならない。言えるのは、今日もオールド・トラッフォードでの戦いも彼らには我々が求めるレベルにあった」

続けて、「来年もこういった試合を戦いたいが、何があったかを考える必要はない。先制点を取れていれば、よかったんだ。今はリーグに集中している」と先を見据えた。

最終更新:4/17(水) 11:47
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事