ここから本文です

ダイヤの原石21歳ラッシュフォードがバルサ移籍の可能性

4/17(水) 10:32配信

SPORT.es

マンチェスター・ユナイテッド所属FWマーカス・ラッシュフォードはまさにダイヤの原石だ。このイングランド代表の21歳にレアル・マドリーも何年も前から目をつけていた。しかしながらユナイテッドはそう易々とラッシュフォードを手放さないだろう。

メッシ圧巻の2Gとコウチ復活のゴラッソでバルサが4季ぶりCL準決勝進出

ラッシュフォードの移籍金は最低でも1億1,500万ユーロ(約145億円)と推定される。『The Mirror』や『The Sun』といった英国のタブロイド紙は、バルサがラッシュフォード獲得を狙っていると報道している。

しかしラッシュフォードの移籍が実現する為には、コウチーニョの離脱が現実のものとなる必要がある。

監督モウリーニョ時代には、ラッシュフォードの離脱がほぼ確実と噂されていた。しかし、監督スールシャールの就任によってラッシュフォードの契約更新の可能性が高くなっている。しかし複数のメディアが、同選手のFCバルセロナへの移籍を予想している。

今夏ユナイテッドとの契約を満了するラッシュフォード。契約更新の条件として、ユナイテッドは年俸1,580万ユーロ(約20億円)をオファーするという。これは最高レベルの年俸であり、2017年にウェイン・ルーニーが稼いだ金額とほぼ同額である。

SPORT.es

最終更新:4/17(水) 10:32
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事