ここから本文です

“読者を守る”ネット業界団体「JIMA」設立に若新雄純氏「一番の被害者は勝手に取り上げられた人」

4/17(水) 17:13配信

AbemaTIMES

 16日、ネットメディアによる業界団体「インターネットメディア協会(JIMA)」が設立された。「ネット版のBPOか」との声もあるが、一体どのような団体なのか。

 加盟しているのは、デジタル毎日(毎日新聞)やBuzzFeed Japanなどの28メディア・企業。ネットの健全な発展や課題の共有と解消などを目指すことを目的に、情報の信用性向上、メディアリテラシーの促進をはかるという。

 業界の利益ではなく“読者を守る”団体ともしているが、慶応大学特任准教授などを務めるプロデューサーの若新雄純氏は「読者を守るというのはウソの情報に騙されないようにということだと思うが、ネット記事で一番被害を受けているのは、読者以上に書かれた人・勝手に取り上げられた人。テレビでそういうことがないとは言わないが、ある程度取材対象を慎重に選んで、その人をどう取り上げるかをもう少し考えていたと思う」と疑問を呈する。

 そのうえで、「表現の自由とどれだけ保護するかというジレンマがある中で、読者を守ることも大事だけど、書かれる人・取り上げられる人のことも考えるべきでは」と意見を述べた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

最終更新:4/17(水) 17:13
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事