ここから本文です

ヘンテコ「うさピヨ」初登場!! 東京ディズニーリゾートのイースター 【舞浜タイムズ4月号】

4/17(水) 13:23配信

千葉日報オンライン

 東京ディズニーリゾートに春を告げる「ディズニー・イースター」が始まった。東京ディズニーシー(TDS)では「うさピヨ」が、東京ディズニーランド(TDL)では「うさたま」が“ヘンテコかわいい”イースターを盛り上げる。

         ★
         
 TDSの新しいショー「Tip-Topイースター」の主役は、初登場のうさピヨ。ヒヨコの描かれたイースターエッグに、ミニーマウスたちがウサギの耳を描き加えたのをきっかけに生まれたキャラクターだ。
 
 ショーではダンスや歌などの特技を持つタレントたちとパフォーマンスを競うが、生まれたばかりのうさピヨは、なかなかうまくできない…。が、たどたどしくも一生懸命な姿が逆にショーを盛り上げ、ゲストの心を躍らせてくれる。

 一方、TDLにはウサギの耳がついたタマゴのキャラクター・うさたまが2年ぶりに登場。パレード「うさたま大脱走!」ではフロートが途中で止まり、逃げ出したうさたまをゲストと一緒に探したりする“ヘンテコ楽しい”演出が盛り込まれている。
 
 うさピヨも、うさたまもグッズが充実。身に着ければ楽しさ倍増間違いなし!

(舞浜特派員・中島悠平)

◆一緒に記念撮影
TDSには「うさピヨ」のフォトスポットが用意され、記念撮影を楽しめる。古めかしい観覧車や遊具をイメージしたフォトスポットもある。

◆「卵」の特別メニュー
TDS「カフェ・ポルトフィーノ」のイースター特別メニュー。前菜盛り合わせとカルボナーラに、卵が割れたように見えるパンナコッタが付く。

◆グッズ充実
TDSでは「うさピヨ」グッズが充実。上段左からクッション、ぬいぐるみ、キャラメル、下段は3枚セットのきんちゃく。

◆フォトスポットの「裏方」 浦安市在住、久永早織さん(34) 【パーク支える千葉のキャストたち】

 TDSにある「うさピヨ」のフォトスポットの制作を担当した。フォトスポットの造形物は普段は触れないが、今回はうさピヨに触ったり乗ったりできる形にしたため「デザインを守りながら安全性を担保した」と、こだわりを語る。

 他にも、木彫風のうさピヨは塗装を工夫してわざとレトロ感を出し、多くのうさピヨが集まったスポットは1体1体の姿勢や目線を変える工夫を凝らした。
 
 美術大学でデザインを学び、オリエンタルランドの協力会社で造形物を作る仕事も務めた。設計と現場作業、両方分かる経験がフォトスポットなどを制作する現職の役に立っている。「ゲストに楽しんでもらうのが裏方冥利(みょうり)です」と、りりしく笑う。

※東京ディズニーリゾートの今がわかる「舞浜タイムズ」は毎月第3火曜日に掲載します。

最終更新:4/17(水) 13:23
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事