ここから本文です

女性の個人受賞は初!アレサ・フランクリン、ピューリッツァー賞を授賞

4/17(水) 21:41配信

ELLE ONLINE

現地時間4月15日(月)にピューリッツァー賞はアレサ・フランクリンに特別賞を贈ることを発表。ピューリッツァー賞の運営委員会は「過去50年以上に渡ってアメリカの音楽と文化に対する、消すことのできない貢献を讃えるもの」だと発表、彼女の家族や友人にもお祝いの言葉を贈っている。

1930年に設けられた特別賞は芸術や文化に貢献した人が現れたとき、必要に応じて授与されてきた。これまでの授賞者は作曲家デューク・エリントンやサックス奏者のジョン・コルトレーン、ジャズピアニストのセロニアス・モンクなど。女性が個人として授賞するのはアレサが初めてである。

1967年に「Respect」で初めて米国のチャート1位を獲得して以来、アメリカ音楽界を牽引してきたアレサ。グラミー賞に44回ノミネートされ18回授賞、1987年には女性アーティストとして初めてロックの殿堂入りを果たした。今回の授賞はアレサの偉大さを改めて歴史に刻むものになりそう。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:4/17(水) 21:41
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事