ここから本文です

4強入りのバルサ、スーパーヒーローのメッシに満点評価『10』

4/17(水) 12:07配信

SPORT.es

FCバルセロナは、カンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ準々決勝マンチェスター・ユナイテッド2ndレグにレオ・メッシの2ゴールとフィリペ・コウチーニョの1ゴールで勝利し、準決勝進出を決めている。

致命的なミスを犯したデ・ヘア CL敗退の主役に

メッシは、自身が世界一の選手であるということを証明するための準備が整った状態で試合に挑み、ユナイテッドの選手達を発狂させるパフォーマンスを披露している。監督エルネスト・バルベルデ率いるバルサは、1stレグと2ndレグにおいてはるかにユナイテッドを上回っていた。

■GK
テア・シュテーゲン(7点)
『静か』
試合序盤だけ苦しめられている。そして、ユナイテッドのFWマーカスラッシュフォードの決定的なチャンスもその流れがを変えることはなかった。いつものように安定感のあるビルドアップを見せ、ほとんどセービングする機会はなかったと言える。ただ、試合終盤のアレクシス・サンチェスのシュートを阻止している。

■DF
セルジ・ロベルト(6点)
『堅実』
非常に緊張した入りを見せ、立ち上がりは相手に自身のサイドを圧倒されている。イヴァン・ラキティッチの助けによりこの状況を打開し、最終的に自分の役割を十分に果たしている。数少ない攻撃参加の一つでハーフタイム前に決定的なチャンスを掴んだものの、惜しくもゴールネットは揺らせていない。その後、果敢なプレーを見せて、パフォーマンスは改善されている。

ジェラール・ピケ(6点)
『献身的』
試合立ち上がりは、ユナイテッドの攻撃に苦しめられている。しかし、いつものように強い気持ちを見せて、最終的には状況をコントロールし、相手フォワードにスペースを与えていない。

クレマン・ラングレ(7点)
『真剣』
ラングレは、常に自身の役割を果たし、冷静さを失うことがない。疑念を抱かせるプレーがあったが、最終的には相手の侵入をほとんど許していない。低調なプレーはなく、再び自身を獲得したことがバルサにとって大正解だったことを示している。

ジョルディ・アルバ(7点)
『疲れ知らず』
いつものように自身のサイドを無尽蔵に動いている。しかし、前半は、ボールポゼッションの部分でいつもより正確性に欠けていた。後半は、サイドで短剣のような鋭さを見せて、存在感を示している。なお、フィリペ・コウチーニョと優れたコンビネーションを披露している。

■MF
イヴァン・ラキティッチ(7点)
『インテンシティー』
チームが必要なときに貢献している。物議を醸すPKを獲得するも、VARにより最終的にPKは取り消されている。また、先制ゴールのシーンでは、相手からボールを最初に奪っている。ラキティッチの働きは、値段がつけられない。

セルヒオ・ブスケツ(7点)
『火消し役』
中盤での献身的プレーがこの試合の鍵の一つになっている。ボール扱いも優れ、1stレグよりも断然に優れたパフォーマンスを見せている。そして、常に相手のチャンスの芽を摘むという部分でも気を配っていた。

アルトゥール・メロ(7点)
『プレーメーカー』
試合序盤、ユナイテッドの選手達によるプレッシャーが強く、うまく試合に入れなかったが、徐々にいつものようにボールを動かせるようになっている。

■FW
レオ・メッシ(10点)
『巨大』
チームが苦しいときに、スーパーヒーローになり、チームを救うことができる。この試合でも、5分で2ゴールをあげている。もちろん、2ゴール目は、相手GKデ・ヘアのミスが原因でもあった。優れたパフォーマンスを披露し、ユナイテッドの選手達を発狂させている。その存在感は、巨大である。

ルイス・スアレス(6点)
『戦士』
攻撃で相手に襲いかかる準備ができた状態でピッチに入っている。ゴールを決める決定的なチャンスはなかったものの、試合に求められるインテンシティーと共にプレーしている。ユナイテッドのディフェンスにとっては、常に嫌な存在となっている。

フィリペ・コウチーニョ(7点)
『復調』
立ち上がりこそ低調なプレーを見せたが、時間が経過するにつれて、そのパフォーマンスレベルは向上している。周りの選手達とのコンビネーションを見せ、バルサの2ゴール目では、相手からボールを奪い、起点となっている。強い気持ちと共に試合に挑み、喉から手が出るほど欲していたゴールというご褒美を最終的に手にしている。エリア外から得意の形でゴールを決めている。

■途中出場
ネルソン・セメド(6点)
『従順』
71分にチームを活性化するためにセルジ・ロベルトと交代し、出場している。

アルトゥーロ・ビダル(6点)
『運動量』
75分にアルトゥールと交代している。自身の経験と献身性でチームに貢献している。

ウスマン・デンベレ(5点)
『形式的』
監督エルネスト・バルベルデは、試合終了間際にコウチーニョに変えてデンベレを投入している。

SPORT.es

最終更新:4/17(水) 12:56
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事