ここから本文です

日本発売はいつ? レクサス新型「LM」は2020年前半にアジア圏で発売か

4/17(水) 20:12配信

くるまのニュース

レクサス初のミニバン「LM」とは

 中国の経済都市、上海で開催されている「上海モーターショー2019(オート上海2019)」において、レクサスからまったく新しいモデル「LM」が公開されました。

トヨタ「アルヴェル」との差別化はどこに? 新型「LM」の画像を見る(20枚)

 この「LM」の登場を驚かずにいられないのは、なんとレクサス初のミニバンだからです。このタイミングでミニバンを投入した背景とはどんなものなのでしょうか。

 レクサス初ミニバン「LM」のベースは、トヨタの「アルファード/ヴェルファイア」です。まず、気になるのはベース車との違いですが、エクステリアではスピンドルグリルを組み合わせたフロントマスク、テールランプやバンパーなどリヤ部分、そしてスライドドアの鉄板もLM専用デザインで、Bピラー後ろの部分に「レクサスアロー」と呼ぶ、“返し”のついたガーニッシュが備わっています。

「アルファード/ヴェルファイア」はここも鉄板が覆うので、サイドでもしっかり差別化がはかられているのです。フロントグリルは、高さでいえばフラッグシップセダンであるLSの約1.5倍。幅もLSより広いので、文句なしにレクサス史上最大のサイズです。

 もちろん、インテリアも専用で極上の仕上がり。シートバリエーションとして2列シートの4人乗りと3列シートの7人乗りが存在しますが、前者ではロールスロイスなどのリムジンと同様に前席と後席を隔てるパーティションが組み込まれています。

 パーティションには、26インチテレビやシャンパンを冷やす冷蔵庫のほかにガラス窓が組み込まれ、透明と摺りガラスを瞬時に切り替えられるほか、昇降式に開けることが可能です。
 
 また、パーティションの内部には、鳥居のように丈夫な鉄の構造材が入っていて、しっかりとボディのBピラー部分に結合されていたために、それが骨格となり「マッチ箱変形」と呼ばれる車体が斜めにゆがむ箱型ボディ(ミニバン)のウィークポイントとなる歪みを防いでくれます。

 そのほか、シートは、世界で初めて粘弾性ウレタンパッドを使ったシートを備えており、チーフエンジニアの吉岡憲一氏は「粘弾性ウレタンパッドといっても耳馴染みがない言葉かもしれませんが、低反発枕のようなものです。これは心地よい座り心地を生むだけでなく、振動をとても遮断するので快適な乗り心地になるのです」と話しています。

 乗り心地に対するLMのこだわりは徹底していて、その一環としてショックアブソーバーはレクサスESにも採用されたスイングバルブ式を装着。また、リヤシートにはダイナミックダンパー(揺れの周波数とバランスをとって振動を減衰するオモリ)が4つも組み込まれ、「幅広い周波数帯の振動を減らす」と吉岡氏は説明。

 また4人乗り仕様は、アームレストがフロアに直付けとなったことも振動低減に役立ち、それらの効果によりアルファードに比べてシートに伝わる振動が1/3程度に減っているそうです。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事