ここから本文です

シード破って16強へ 世界96位が番狂わせ<男子テニス>

4/17(水) 16:33配信

tennis365.net

ロレックス・モンテカルロ・マスターズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は16日、シングルス2回戦が行われ、予選上がりで世界ランク96位のL・ソネゴ(イタリア)が第8シードのK・カチャノフ(ロシア)を7-6 (7-4), 6-4のストレートで破る番狂わせを起こし、ベスト16進出を果たした。

【錦織、ソネゴら モンテカルロ対戦表】

この日、23歳のソネゴは5本のサービスエースを決め、ファーストサービスが入った時には74パーセントの確率でポイントを獲得。さらに昨年のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)の決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を下し優勝を飾ったカチャノフから2度ブレークし、1時間52分でキャリア初の世界ランク・トップ20から勝利した。

男子プロテニス協会のATPは試合後のソネゴのコメントを掲載されており「長いラリーが多かった。カチャノフより少しだけディフェンスがうまくできたと思う。ファーストサービスで狙ったところにうまく打ち、高い確率でファーストポイントを奪えた。彼のファーストサービスに対しても、うまくリターンをすることができた」と語っている。

3回戦では、世界ランク56位のC・ノーリー(イギリス)と同37位のM・フチョビッチ(ハンガリー)の勝者とベスト8進出をかけて対戦する。

同日の2回戦では、第1シードのジョコビッチ、第9シードのB・チョリッチ(クロアチア)、第11シードのM・チェッキナート(イタリア)、世界ランク35位のG・ペラ(アルゼンチン)がベスト16へ進出した。

最終更新:4/17(水) 16:36
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事