ここから本文です

あなたの子供も秀才に!? 息子3人に米・スタンフォード大を卒業させたアグネス流“子育て術”

4/17(水) 20:30配信

FNN.jpプライムオンライン

4月11日、タレントのアグネス・チャンさん(63)が自身の子育て論をまとめた著書『未知に勝つ子育て―AI時代への準備―』を出版し、その独自の教育論が注目されている。

【画像】目からウロコ…アグネスさんのユニークな子育て術とは?

アグネスさんと言えば、世界大学ランキング3位の超名門、米・スタンフォード大の大学院で教育学博士号を取得したことで知られ、3人の息子もスタンフォード大学を卒業している。
「直撃LIVEグッディ!」は、アグネスさんに自身の子育て術とすぐにでも実践したくなるアイデアを紹介していただいた。

【子育て術 その1】「実践する力」を伸ばす

「大切なのは勉強を立体化すること」だと話すアグネスさん。勉強を立体化とは、一体どういうことなのか?

アグネスさん:
例えば、(新学年の初日に)教科書をもらいますよね。それを最初から最後まで読んでみるんです。

――もらったその日に?

アグネスさん:
はい。例えば(授業で)桜について勉強するとなったら、桜を見に行って実際にお花見をする。いろんな体験をさせて、授業に行くときには知識がいっぱいあって、ワクワクするわけです。紙と絵と文字だけで見ている勉強はつまらない。


アグネスさんは、教科書を読むことでその年度に勉強することを把握し、予習として実際に体験させていたというのだ。実際に五感を刺激することで、子供たちが好奇心を持って楽しく前向きに勉強に取り組むようになったという。

【子育て術 その2】「楽しむ力」を伸ばす

アグネスさんの子育ては、子供と遊んでいる時にこそ真価を発揮したという。

アグネスさん:
(地面に)色がありますよね。それをピンク(色の上)しか踏んじゃいけないの。ピンクしか歩いちゃいけないように歩くんです。
すごく変な形になりながら歩いて、「あ、はみ出した!」とか言われるんですね。はみ出したら、負け。
右回りだけで家に帰ろう、これがすごく難しいんです。右に曲がってどうやって家に帰るか、ぐるぐる回るんですね。


「ピンクの上しか歩いちゃだめ」「右にしか曲がってはいけない」など、道を歩くときにルールを決めることで、遊びながら考える力を刺激していたという。こうした遊びの効果をアグネスさんは強く実感していた。

アグネスさん:
いろんな刺激を与えて、そうすると脳に深さができる。それが脳の力になるんです。


特別なことをするのではなく、毎日の子供たちとの生活の中で楽しみながら学べる工夫をしてきたというアグネスさん。

長谷川聖子(ラジオパーソナリティ):
アグネスさんは本当に子供と楽しむというか、やらされている感じではないのが素晴らしいですよね。
私だと、「早く行くわよ!」と言ってしまうと思って。なんか最初から違っちゃったな~と思いました。

安藤優子:
アグネスさんは、子供のために自分の時間を無限に使うことに労をいとわないですよね。

倉田大誠アナウンサー:
自分の時間がないときでも、子供の目線に立つんですか?

アグネスさん:
「ちょっと待って」と言わないです。子供ってすごく質問するじゃないですか。料理してると危ないし、普通は「ちょっと待って」って言いますけど、そうすると質問する力が弱くなるから、火を止めるんですよ。
料理がまずくなっても、まず「よく聞いてくれた!」って言うんです。それで答えて、答えられなかったら後で考えようねと言って料理を始めるんですけど。

高橋克実:
そうすると相手もうれしいわけですね。

アグネスさん:
「よく聞いてくれた!」って言うと、ママは質問すると喜ぶんだと思ってくれるんです。
そうすると次から次へ質問するので、そういう子は学習力も高くなるし、教えてもらうチャンスが多いわけです。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事