ここから本文です

バンクシー? 都庁で公開へ 「GWに向けて」

4/17(水) 17:52配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

世界的な覆面アーティスト・バンクシーの作品である可能性が指摘され、東京都が撤去した絵について、小池知事は、ゴールデンウイークをめどに、都庁内での一般公開を検討していると明らかにした。

傘をさしたネズミが空を見上げるようなポーズをとっている絵は、東京都が所有する東京・港区の防潮扉に描かれていたもの。

イギリスの覆面アーティスト・バンクシーの作品の可能性が指摘され、情報提供を受けた都が撤去し保存していた。

小池知事は、「GWに向けて、都庁の中に展示をすることを検討している」と述べた。

小池知事は、「本物かどうか、本人宛てにダイレクトメッセージを送っているが、今のところ返事はない」としている。

関係者によると、一般公開される場合、場所は都庁舎2階になるという。

FNN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事