ここから本文です

バルセロナMFセルジ・ロベルト、宿敵レアル・マドリーに加入していた可能性も?

4/17(水) 22:01配信

GOAL

バルセロナの骨格を担うMFセルジ・ロベルトが、永遠の宿敵に加入する可能性があったことを明かした。カタルーニャTV局『TV3』の番組『Al cotxe』で語られた内容を、スペイン『アス』が伝えている。

バルセロナ?ユナイテッド?それとも…下部組織出身者で組む最強ベストイレブン

14歳の頃にタラゴナの下部組織からバルセロナのカンテラに移り、順調にフィロソフィーを吸収していったS・ロベルト。現在は右サイドバックを主戦場としているが、アンカーやインサイドハーフ、ウィングなどをこなせるユーティリティ性を備えており、バルセロナにとってかけがえのない存在となっている。

しかし、下部組織時代からの2006年から12年以上もバルセロナで過ごしているS・ロベルトには、180度違う道もあったのかもしれない。『Al cotxe』の中で、以下のように語った。

「ユース年代にナスティック(ヒムナスティック)・タラゴナでプレーしていた時、(レアル・)マドリーが僕を求めてきたんだ」

「数日してから、バルサもナスティックと僕の父親に接触してきた」

「僕の家族はみんなバルサファンだった。マドリーを応援していた父親を除いてね。けど、今では彼も変わって、100%クレ(バルセロナファン)だよ」

最終更新:4/17(水) 22:01
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事