ここから本文です

お金持ちになれる人が毎日している4つの習慣とは

4/17(水) 11:00配信

LIMO

そもそも日本の富裕層の割合は?

2016年11月に野村総合研究所(NRI)が発表した2015年の「純金融資産保有額別世帯数と資産規模」の推計から、日本にはどのくらいの割合で富裕層がいるのかを見てみましょう。NRIによる富裕層の定義は、以下の通りです。

超富裕層:世帯の純金融資産保有額が5億円以上
富裕層:世帯の純金融資産保有額が1億円以上5億円未満
準富裕層:世帯の純金融資産保有額が5000万円以上1億円未満
アッパーマス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円以上5000万円未満
マス層:世帯の純金融資産保有額が3000万円未満

なお、金融資産とは預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険などで、不動産は含みません。また、純金融資産とは保有する総金融資産から負債を差し引いたものです。

調査結果によると、超富裕層は7.3万世帯、富裕層は114.4万世帯。両者を合わせた「純金融資産保有額が1億円以上の世帯」は約122万世帯です。

割合にすると超富裕層が全体の0.1%、富裕層は全体の2.2%、合計2.3%という結果に。先述の通り不動産は含まないものの、50人に1人は富裕層が存在していることが分かりました。

まとめ

お金持ちがやっていることは、誰でも取り組めることばかりでしたね。ダラダラと夜更かしをして、朝は遅刻ギリギリの時間まで寝ている…といった生活だと、有意義な時間を過ごしているとは言えません。朝は早起きして自分のしたいことを存分に行ない、夜は頭のなかで1日の反省をする。こうすることで、徐々にお金持ちに近づくことができるでしょう。

LIMO編集部

2/2ページ

最終更新:4/17(水) 11:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事