ここから本文です

地方に生まれたのはハンデ!? 都会人が知らない教育・文化格差

4/17(水) 11:45配信

LIMO

東京など都市部の大学への過度な学生の集中と、それに対する政府の対策が話題となっています。教育に関しての充実した施設が都市部に多く地方に少ないことが大きな原因となっていますが、政府が決定的な対策を打てていないのが現状です。

しかし、地域格差の問題は教育面にとどまりません。たとえば、文化と触れるきっかけを与えてくれる、地方の大きな書店が閉店してしまうというニュースが最近も反響を呼びました。

この記事では、都市部に住む人には意外なほど知られていない、教育や文化の面でも確実にある「地域格差」について見ていきます。

教育面での深刻な格差

まずは、地域格差問題において大きく取り上げられることが多い、教育に関する格差です。

大学について見ると、東京など都市部の大学が人気を上げ続ける一方で、地方での大学では定員割れとなるところもあり、教育の地域格差として大きな問題となっています。政府は東京の私立大学の定員を減らすことを促すなど、さまざまな対策をとっていますが、地方の大学にも多くの学生が集まるようにするための決定打にはなっていません。

では、なぜ多くの学生は、都市部の大学に行きたいのでしょうか?  教育や卒業後という面から見ると、やはり都市部のほうが学びやすい環境であり、また企業なども集中していて就職するにも有利だからというのはあるのではないでしょうか。

たとえば、大学図書館の蔵書数ランキング上位は、都市部の国立大学と東京・京都の私立大学に限られていますし、企業数も東京・大阪・愛知の三都府県だけで全国の約25%までにのぼります。

私立小学校は東京に全国の4分の1が集中

また、幼少期からの教育に関しても、都市部のほうが発達しています。

たとえば、教育環境などの点で公立より恵まれていることも多い私立小学校は、全体の約25%が東京に集中しています。たとえば地方から都市部に出てきた学生が、大学卒業以降も都市部で暮らし続けるとすると、自分の子どもにも幼いころから教育を受けさせやすいというのはあるでしょう。

教育に限っても、このように「都市部に住みたくなる理由」はあるようです。

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 19:40
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事