ここから本文です

太りにくい松屋の「牛めし」食べ合わせ

4/17(水) 20:45配信

All About

◆栄養たっぷりの優秀食材「牛丼」をもっとヘルシーに

「牛丼」は、老若男女問わずおいしく食べられるだけでなく、良質なたんぱく質や不足しがちな鉄分を摂取できる優秀メニュー。しかも、牛肉は免疫に関係している鉄や亜鉛を含む食材。最近体がダルい、すぐに風邪を引いてしまう……など、何かと体調を崩しやすい春にはもってこいなんです。

かつては「牛丼」というと若い男性やサラリーマンのパワーめしというイメージで、「カロリーが気になる……」と思う方もいるかもしれません。

でも、ダイエットのために「カロリー至上主義」に陥ったり、必要なたんぱく質や脂肪分までカットしすぎたり、糖質を排除しすぎるのはおすすめしません。一時的に体重を落としたとしても、体へのダメージは倍返しのリバウンドにつながります。

体の組織や筋肉、美肌のもとになる栄養素まで不足し、食べる楽しみまで失ってストレスをためこんでしまえば、体の基礎代謝が落ち、太りやすくなります。美を保つダイエットにも悪影響だからです。

牛丼が食べたい! そんなときはおいしく食べましょう! ここでは、松屋の人気メニューを例に挙げ、太りにくい食べ方を紹介します。

実は、松屋の牛めしは化学調味料不使用で、調理の過程で余分な脂肪分が落とされていたりと、健康なダイエットのための嬉しいひと手間が施されているのもうれしいポイント。牛肉の風味を生かしたやさしい味わいも特徴ですよね。ハードな仕事で体が疲れたときにもお世話になるメニューだからこそ、この気配りは嬉しいですよね。では、さっそく見ていきましょう。

◆1. 松屋は店内で! なぜなら「みそ汁」が重要だから

まず、松屋は店内で食べましょう! すべてのメニューに無料でついてくる、みそ汁が最強なんです。

たかがみそ汁、と侮るなかれ。みそ汁は、体を作る必須アミノ酸、つまり「タンパク質」スープ。日本が誇る健康食なんです。

みそ汁のみそはダイエットを左右する善玉菌の大好物である「大豆オリゴ糖」。善玉菌が増えると、食欲抑制ホルモンの分泌が活発になります。つまり、脳から、満腹サインが送られ、食べ過ぎを防ぐ効果もあります。暖かい汁物で腸をリラックスさせ、排便をスムーズにしてくれます。

価格:60円(税込)※おかわり・持ち帰りの場合  カロリー:34kcal たんぱく質:1.8g

1/3ページ

最終更新:4/17(水) 20:45
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事