ここから本文です

名古屋港の土砂の中部国際空港周辺への埋め立て計画 国が開いた住民説明会で反対意見相次ぐ

4/17(水) 0:51配信

東海テレビ

 名古屋港に流れ込んだ土砂をセントレア周辺に埋め立てる計画について、愛知県美浜町で16日夜、住民説明会が行われました。

 国交省中部地方整備局が開いた説明会には、愛知県常滑市や美浜町などの住民およそ135人が参加。

 担当者から国交省のシミュレーションでは埋め立て工事による伊勢湾の水質や海水流の変化は少なく、生態系への影響は小さいことなどが説明されました。

 これに対し、出席した人からは「漁業に影響は必ず出てくる」「生活ができなくなる」など反対意見が相次ぎました。

 中部地方整備局は名古屋港を整備する工事で出た土砂をセントレア周辺に埋め立てる計画を進めていて、地元財界がここに2本目の滑走路の建設を求めています。

東海テレビ

最終更新:4/18(木) 10:49
東海テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事