ここから本文です

南さつま市で特攻隊員の慰霊祭 

4/17(水) 11:54配信

MBC南日本放送

MBC南日本放送

太平洋戦争末期、南さつま市の万世飛行場から飛び立った特攻隊員たちの慰霊祭がこのほど行われました。

旧日本陸軍の万世飛行場は、太平洋戦争末期の1945年3月に運用が開始され、およそ4か月間で201人の特攻隊員が沖縄に向けて出撃し帰らぬ人となりました。飛行場跡地にある万世特攻平和祈念館で行われた慰霊祭には、遺族らおよそ300人が参列し、慰霊の言葉を述べたあと、参列者全員が慰霊碑に菊の花を手向けました。

参列者らは「特攻の記憶を風化させてはならない」と改めて平和への誓いを新たにしていました。

MBC南日本放送 | 鹿児島

最終更新:4/17(水) 11:54
MBC南日本放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事