ここから本文です

水・機材は「手荷物」…消防車13台、過積載

4/17(水) 10:01配信

読売新聞

 北海道千歳市消防本部は16日、車検証で定められた総重量を上回る過積載の状態で、消防車13台が業務をしていたと明らかにした。

 同本部によると、道外の消防で過積載が問題になった昨年11月に緊急車両全20台の重さを量ったところ、消防車13台が過積載だったため、積んでいた水や資機材を降ろした。だが、水や消防機材は手荷物で、過積載にはあたらないという誤った解釈をし、2月に再度積み直して最近まで業務を続けた。このうち水槽付きポンプ車は最大の1・17トンの過積載だったという。

 この間、事故などはなかった。すでに水や資機材は降ろして過積載を解消する一方、一部車両は近く、札幌運輸支局で車検証の記載事項の変更を行う方針だ。

最終更新:4/17(水) 10:39
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい