ここから本文です

日本ペイント、豪企業買収へ…オセアニアに販路

4/17(水) 11:29配信

読売新聞

 日本ペイントホールディングス(HD)は17日、豪州の塗料大手デュラックスグループを買収すると発表した。8月中旬にも全株式を約3000億円で取得し、子会社化する。安定的な塗料市場の成長が見込めるオセアニア地域を開拓する狙いがある。

 デュラックスはDIY(日曜大工)や建築用塗料が主力で、2018年9月期の売上高は約1480億円。

 日本ペイントの売上高は約6300億円と世界4位だが、中国を中心とするアジア市場が売上高の約6割を占め、オセアニア市場はほぼ未開拓だった。買収によってデュラックスの販売網を活用したい考えだ。

 世界の塗料業界は大手メーカーによる再編の動きが活発で、日本ペイントも17年に米国の中堅塗料メーカーを約700億円で買収するなど、海外企業の合併・買収(M&A)を積極的に進めている。

最終更新:4/17(水) 13:43
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい