ここから本文です

逆転負け後、辞任申し出…10位神戸の監督

4/17(水) 12:13配信

読売新聞

 サッカーのJ1神戸は17日、フアンマヌエル・リージョ監督(53)の契約解除を発表した。スペイン出身のリージョ監督は昨季途中に就任し、今季は元スペイン代表のMFイニエスタ、FWビジャらを擁しながら、リーグ戦でここまで3勝1分け3敗の10位。クラブによると、逆転負けした14日の広島戦後、本人から辞任の申し出があったという。後任は、昨年9月まで指揮を執った吉田孝行氏(42)が復帰する。

 リージョ監督はクラブを通じ、「私と家族にとってはこうする事がベストだと思いました」とのコメントを発表した。

最終更新:4/18(木) 19:29
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事