ここから本文です

白鵬、日本国籍取得へ…モンゴル国籍離脱を申請

4/17(水) 13:05配信

読売新聞

 大相撲の横綱白鵬関(34)(本名ムンフバト・ダバジャルガル)がモンゴル国籍の離脱を同国政府に申請していることが17日、わかった。日本国籍取得のためとみられる。大相撲関係者が明かした。

 日本相撲協会は、引退後、協会に年寄として残るためには、日本国籍が必要と定めている。白鵬関は、自ら新弟子をスカウトして所属する宮城野部屋に入門させるなど、親方になり後進を指導することを希望しており、帰化する意向を示している。

 親方になるためには、日本国籍を持ち、現役時代の番付として、〈1〉横綱、大関〈2〉三役1場所以上〈3〉幕内通算20場所以上〈4〉十両と幕内通算30場所以上――のいずれかを満たさなければならないと定められている。

最終更新:4/17(水) 14:29
読売新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事