ここから本文です

BTS (防弾少年団)、ホールジーとのコラボが実現した経緯について語る

4/17(水) 13:13配信

Billboard Japan

 BTS (防弾少年団)が、Apple MusicのBeats 1に登場し、ブルック・リース(Brooke Reese)とのインタビューでニュー・アルバム『Map of the Soul: Persona』の制作秘話や、将来コラボしてみたいアーティストなどを明かしている。

 リースに“世界最大のバンド”と紹介された彼らは、「Boy With Luv」でホールジーとのコラボが実現した経緯について聞かれると、「2年前の【ビルボード・ミュージック・アワード】のバックステージで出会ったんだ」とRMが明かし、「ミュージック・ビデオを見てファンになったと彼女は言ってくれた。僕たちは彼女を(ザ・チェインスモーカーズの)“クローサー”で知っていた。あの年最大の曲だったからね。そうやってバックステージで出会って、そしたら彼女が昨年韓国に来て、そこでまた会った。“コラボしようよ。一緒に何かしよう”って話になって。このアルバム用のこのトラックが届いた時、ホールジーの声が一番会うんじゃないかと思った。そしてドーンと実現して今に至るってわけ」と説明している。

 今後コラボできたら最高だと思うアーティストは、シュガがドレイクと即答、ジョングクがビリー・アイリッシュ、ジミンがトロイ・シヴァンと答えている。また、インタビューでは「Make It Right」でコラボしたエド・シーランに対するメンバーの思いをRMが英語で代弁している。

 現在公開されているインタビューはティーザーで、現地時間2019年4月17日午前2時(ET)にロング・ヴァージョンが解禁される。

最終更新:4/17(水) 13:13
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事