ここから本文です

Microsoftが「Xbox One S」の新モデルを正式発表、デジタルオンリーで“ディスク無し”。価格は250ドルで5月から発売へ

4/17(水) 6:30配信

電ファミニコゲーマー

 Microsoftは4月17日に配信した番組「Inside Xbox」にて、「Xbox One S All Digital Edition」を正式発表した。Xbox One Sからディスクドライブを無くした廉価版となる製品で、価格は通常のXbox One Sよりも50米ドル安い249.99米ドル(約2万7000円)となっている。HDDは1TB。5月7日からMicrosoft StoreやAmazonにて販売されるという。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 またAll Digital Editionには『Minecraft』、『Forza Horizo​​n 3』、『Sea of​​ Thieves』の3本の人気ゲームが同梱されているほか、定額ゲーム遊び放題サービス「Xbox Game Pass」の特別オファーも付属される。

 Xbox Oneのディスクレス版は先日から関係者筋などのリークで噂されていたもので、今回正式にお披露目に至った。MicrosoftはNeflixやAmazon プライムビデオのような定額ゲーム遊び放題サービスXbox Game Passを北米と欧州を中心に2017年から推進しており、今回の「Xbox One S All Digital Edition」でより安価に同サービスを始められる選択肢を提示する狙いがあると見られる。

 また今回のInside Xboxでは、そのXbox Game Passのプレミア版と呼べる「Xbox Game Pass Ultimate」が正式発表。こちらはXbox Game Passと、多くのマルチプレイゲームをプレイするために必要であり月に2本の無料ゲームが提供される「Xbox Live Gold」に、月額14.99ドルで加入することができる。

文/ishigenn

編集ishigennニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn

電ファミニコゲーマー:ishigenn

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ