ここから本文です

ピエール瀧氏が演じた『ジャッジアイズ』羽村京平の新モデルが公開。北米版の最新映像で披露される

4/17(水) 8:19配信

電ファミニコゲーマー

 「龍が如くスタジオ」の英語圏向け公式Twitterアカウントが、北米版『JUDGE EYES:死神の遺言』の最新映像を公開した。その中ではピエール瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」が登場しており、すでにモデルが差し替えられていることが明らかとなっている。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 『JUDGE EYES』は2018年12月13日に発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。プレイヤーは木村拓哉氏が演じる主人公「八神隆之」となり、神室町で起きた猟奇殺人事件の真相を明らかにしていくことになる。キムタクを操作できるインパクトや、『龍が如く』シリーズに登場した神室町が舞台ながらも主役は探偵であるという新鮮な設定が好評となった。

 また『龍が如く』シリーズと同様に多数の大物俳優が出演していた同作だが、そのひとりだった羽村役を演じるピエール瀧氏は、2019年3月12日にコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕。セガゲームスは同件を重く受け止め、同作を発売停止とし公式サイトでの掲出を自粛していた。プロデューサーである佐藤大輔氏はTwitter上で当時、「いつか、必ず、復活させる。」と再販へ向けた意思を表明していた。

 なお3月22日には英語圏向けセガの公式Twitterアカウントが、羽村京平のキャラクターモデルと日本語音声を変更して当初の予定どおり北米版を6月25日にリリースすると発表していた。今回公開された映像は英語吹き替え版となっているが、日本語吹き替え版ではキャラクターの声もピエール瀧氏が担当しているため、モデルチェンジに続きボイス収録にいましばらくの時間が必要になると予想される。

文/ishigenn

電ファミニコゲーマー:ishigenn

最終更新:4/17(水) 8:19
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事