ここから本文です

カプコンがアーケードスティック一体型ゲーム機『Capcom Home Arcade』発表。『エイリアン vs. プレデター』含む16種類のゲーム搭載

4/17(水) 10:06配信

電ファミニコゲーマー

 カプコンUKは、アーケードスティック一体型ゲーム機『Capcom Home Arcade』を海外向けに発表した。別途ソフトを購入して遊ぶタイプではく、本体に含まれるゲームタイトルのみが遊べるタイプのゲーム機で、16種類のゲームが内蔵。価格は229.99ユーロ(約2万9000円)、EU圏向けに10月25日に発売する。日本への発売は発表されていない。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 本商品は、筺体デザインにカプコンのロゴが前面に推し出されているほか、ふたり分のアーケードスティックと一体化しているのが特徴だ。サイズは幅74cm、奥行き22cm、高さ11cm。レバーとボタンには、反応速度と耐久性に定評がある三和電子製がそれぞれ用いられ、フルサイズレバー「JLF-TP-8YT」、レバーを支える8方向ガイドプレートは「GT-Y」、ボタンは「OBSF」が搭載されている。

 収録される全16タイトルは以下になる。

『1944 THE LOOP MASTER』
『エイリアン vs. プレデター』
『パワード ギア』
『カプコンスポーツクラブ』
『キャプテンコマンドー』
『サイバーボッツ』
『ヴァンパイア The Night Warriors』
『アルティメット エコロジー』
『ファイナルファイト』
『大魔界村』
『ギガウイング』
『ロックマン・ザ・パワーバトル』
『プロギアの嵐』
『ストリートファイターII' TURBO(ダッシュターボ) -HYPER FIGHTING-』
『ストライダー飛竜』
『スーパーパズルファイターIIX』

 『エイリアン vs. プレデター』、『アルティメット エコロジー』、『プロギアの嵐』など、家庭用機では初の移植となるものも含まれており、本商品の大きな目玉といえるだろう。『エイリアン vs. プレデター』に関しては、20世紀フォックスが権利を持っているが、今回収録するために許諾を得ている。カプコンのアーケード用基板CPシステムI、CPシステムIIからデータを取り込み、エミュレーターのFB Alphaで動作しているという。

 筺体背面には電源ボタンに、HDMI出力、USB Type-AとマイクロUSB端子を備えている。またWi-Fiにも対応し、ハイスコアをアップロードする機能を搭載。世界中のハイスコアリーダーボードに接続し、ほかのプレイヤーとハイスコアを競うことができる。

 公式サイトでは「AUTHENTIC GAMING(本物のゲーミング)」と謳うだけあって、随所にこだわり抜かれた設計と、ソフトラインナップはまさに本格派。カプコンのアーケードゲームファンにはたまらないものとなっており、アーケードスティックをそのままゲーム機にしてしまう発想はレトロゲーム機復刻ブームのなかでも異彩を放っている。今回はEU圏向けの発表に留まっているが、日本でのアナウンスにも期待したいところだ。

ライター/福山幸司

電ファミニコゲーマー:福山幸司

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事