ここから本文です

3町長選現新一騎打ち 白川村、現職無投票3選

4/17(水) 7:36配信

岐阜新聞Web

 岐阜県内統一地方選の4町村長選(不破郡垂井町、安八郡安八町、加茂郡坂祝町、大野郡白川村)と8町村議選(養老郡養老町、垂井町、不破郡関ケ原町、安八郡神戸町、揖斐郡大野町、坂祝町、加茂郡富加町、白川村)、揖斐郡揖斐川町議補欠選(欠員3)が16日、告示された。町村長選で白川村は無投票で現職が3選を決め、垂井町、安八町、坂祝町は選挙戦に突入した。町村議選は8町村の総定数79に対して90人が立候補し、無投票となった坂祝町と白川村を除く6町で選挙戦になった。揖斐川町議補欠選は無投票。既に選挙戦に入っている1市長選と9市議選とともに21日に投開票される。

 白川村長選は無所属現職の成原茂氏(65)=自民推薦=が2回連続の無投票で3選を果たした。

 垂井町長選は、元町総務課長で無所属新人の早野博文氏(61)が、5選を狙う無所属現職の中川満也氏(64)に挑む。

 安八町長選は、建築塗装業で無所属新人の川畑泰治氏(45)と、3選を目指す無所属現職の堀正氏(63)との戦い。

 坂祝町長選は、4選を狙う無所属現職の南山宗之氏(63)と、元町議で無所属新人の柴山佳也氏(63)との争い。

 町村議選の立候補者90人の内訳は、現職66人、元職6人、新人18人。党派別では、公明3人、共産4人、諸派1人、無所属82人。関ケ原町議選は定数が1減の8になった。

岐阜新聞社

最終更新:4/17(水) 7:36
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事