ここから本文です

人口千人当たりの事故死傷者数 岐南町ワースト1位

4/17(水) 7:34配信

岐阜新聞Web

 岐阜県警交通企画課は、昨年1年間に県内で起きた人身交通事故で、市町村別の人口千人当たりの交通事故死傷者数(高速道路は除く)を発表した。ワーストは羽島郡岐南町の7・66人だった。

 同課によると、岐南町では147件の人身事故が起き、死傷者は194人(うち1人死亡)。時間帯別では、退社や帰社と重なる午後4~7時が43件64人と目立った。路線別では、国道だけで54件73人と4割ほどを占め、通行目的は業務が40件50人と多かった。

 ワースト2位は安八郡安八町で4・59人、同3位は羽島郡笠松町で4・43人と続いた。一方、死傷者数が1516人で県内ワーストの岐阜市は、人口千人当たりでみると3・77人で9位、死傷者数ワースト2位の大垣市は3・43人で12位だった。同課は「地域ごとの事故形態に応じて、各自治体と連携を図りながら事故抑止に努めていきたい」としている。

 また、昨年1年間の事故死者数を人口10万人当たりで見ると、岐阜県は4・56人(全国平均2・29人)で、全国ワースト8位だった。

 千人当たりの事故死傷者数ワースト4~10位の県内の自治体は次の通り。

 ④海津市⑤郡上市⑥大野郡白川村⑦本巣市⑧瑞穂市⑨岐阜市⑩加茂郡坂祝町

岐阜新聞社

最終更新:4/17(水) 7:34
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事