ここから本文です

名古屋ダイヤモンドドルフィンズにアクシデント、笹山貴哉が全治2週間のケガ…最終節欠場へ

4/17(水) 18:14配信

バスケットボールキング

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは4月17日、笹山貴哉が右足関節ねん挫で全治2週間予定と診断されたことを発表した。

 ポイントガードを本職とする笹山は洛南高校、筑波大学を経て、三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(現名古屋D)へ入団した。在籍5シーズン目の今季はケガで出遅れたものの、第35節終了時点で24試合の先発を含む50試合に出場。412得点(1試合平均8.2得点)176アシスト(同3.5アシスト)を挙げている。

 なお、同選手は20日、21日に行われるライジングゼファー福岡とのレギュラーシーズン最終節に帯同しないという。「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」進出に向けて負けられないチームにとって大きな痛手となるだろう。

BASKETBALL KING

最終更新:4/17(水) 18:14
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ