ここから本文です

「三次もののけミュージアム」展示準備作業

4/17(水) 19:22配信

RCC中国放送

中国放送

26日にオープンする広島県三次市の『三次もののけミュージアム』で、公開資料の展示作業が始まりました。

もののけミュージアム』は、三次市が、総事業費12億6500万円をかけて建設した、日本で初めての本格的な妖怪博物館です。

三次にゆかりのある『稲生物怪録(いのう・もののけろく)』に関する資料や、妖怪研究家の湯本 豪一さんが三次市に寄贈したおよそ5000点のコレクションの中から、魅力的な資料150点を展示します。

展示作業には湯本さんも立ち会って、資料を置く位置や向きに気を付けながら、学芸員がケースの中にセットしていきました。

妖怪研究家・湯本 豪一さん)
「非常に有名な作品ここだけにしか所蔵していないもの」
「全体像見て頂けるような選りすぐった物を展示しています」

展示作業は、17日から3日間行われます。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:4/17(水) 19:24
RCC中国放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事