ここから本文です

港町「鞆」の伝統を継承 寄付金を募集

4/17(水) 19:30配信

RCC中国放送

中国放送

福山市の鞆地区で、伝統文化を引き継ぐ住民のまちづくりを支援しようと、寄付金の募集が始まりました。

広島県と福山市は、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」の仕組みを使って、寄付の受付を始めました。

題して「鞆・一口町方衆(ひとくちまちかたしゅう)応援プロジェクト」。

鞆の歴史的景観や街並みの保存と、伝統文化を未来に継承するための住民の取り組みを、支援するものです。

集まった資金は、修復が必要な古い町屋や神社・寺といった伝統的な建造物の保存修理に充てられます。

対象とする範囲は、こうした保存・修理を国が支援する「重要伝統的建造物群保存地区」ではない地域も含みます。

また街並みを保存する資格を持つ「ヘリテージマネージャー」の育成や、無形民俗文化財・「鯛のしばり網漁法」など、伝統行事で使う用具の修理。

さらに、建造物や史跡の案内板の設置にも活用されます。

寄付はふるさと納税の仕組みを活用します。

返礼品はありませんが、名前やシリアルナンバーの入った証書が贈られるほか、1万円以上寄付した人には、ステンレス製のカードが交付されます。

広島県・湯崎知事)
「今回の企画募集を通じてまちづくりを支援する財源を調達するだけでなく、多くの方に鞆ファンになってもらいたいと考えております」

県は目標額を6億円としていて、おおむね10年間目標に到達するまで続けるということです。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:4/17(水) 19:33
RCC中国放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事