ここから本文です

【家入レオ インタビュー】自分にしか歌えないものを突き詰めてアルバムを制作していこうと

4/17(水) 18:02配信

OKMusic

楽曲と自身の関係性、クリエイターとの1対1、そしてリスナーとのつながり――。それぞれの二重奏をもとに生まれたタイトルは“DUO”。鋭利かつ深遠、繊細でありながらも堂々としたニューアルバムは紛れもなく、彼女の最高傑作だ。

家入レオ インタビューのその他の写真

“家入レオ劇場”というものを軸にして制作していこうと決めた

──前シングル「この世界で」のインタビューでの“出したいと思ったものを出していくべきだし、自分が素晴らしいと思える作品をみなさんに届けていきたい”という言葉。それがしっかりとこのアルバムで結実したと感じました。

ありがとうございます。私が今回のアルバムを作る時にテーマとして真ん中に置いたのは、“私にしか歌えない曲”だったんです。“家入レオ劇場”というものを軸にして制作していこうと決めて。前アルバム『TIME』の時は“普遍的な自分になりたい”という想いが真ん中にあったんです。聴いてくださるみなさんの背景に流れている曲をイメージして。だから、“普遍的な言葉をどれだけ深く届けられるか”ということを大事にしていたんですけど、その『TIME』を持って全国ツアーを回った時に“あっ、私は私にしか歌えないものを求められているんだな”ってステージで感じる瞬間があったんです。あと、ディレクターさんに“レオさんの歌を他の人が歌う時って、自分の想いを託して歌うのではなくて、レオさんに成り切って歌うんですね”って言われたのもヒントになってますね。それで“自分にしか歌えないものを突き詰めてアルバムを制作していこう!”と思って、自分が心から一緒にやりたいと思う方たちに声を掛けて出来上がった一枚です。

──よりシンガー、ヴォーカリストに徹するみたいなところもあります? 今作の深みに通じる部分として。

どのジャンルを歌っても、この声だと一本筋が通せるっていうことに気付いて…でも、シンガーに徹するというよりは“家入レオの演出家”というイメージが1番近いかもしれないです。しかも、それはちゃんと“私”で。自分のことだから明確にディレクションもできるし。楽曲制作の時から“こういうものを作ってほしい”というのを、どのクリエイターの方やアーティストの方にも伝えて、出来上がってきたものに対しても“この言葉尻は家入レオっぽくないので変えていただけますか”というようなお願いもしたり。だから、どんどん楽曲に対する想いも深くなっていきましたね。

──今回、実は最初にクレジットを見ずにアルバムを聴いてみたんです。そうしたら、すごく新しい世界がたくさん聴こえてきたので、“すごいことになってるな。どんな人たちとコラボしたんだろう?”って。そうしたら素晴らしい面々の名が!

King Gnuの常田大希さんや小谷美紗子さん、相対性理論の永井聖一さんなどが参加してくださってるんですけど、その人たちの言葉とメロディーを歌うことによって、その人たちとの化学変化が起こっているんですよね。ずっと長く愛されるアルバムにしたいという想いもより強くなっていたので、みなさんのところに足を運んで自分の言葉で伝えて、ひとつひとつつながることをとても大事にしました。

──今、名前が挙がったKing Gnuの常田さん作の「Overflow」。これ一曲とっても斬新なトライで、しかもすごくカッコ良い!

King Gnuはインディーズの頃から聴いていて、ライヴを観た時に“常田さんの作るメロディーと言葉を歌いたい!”と思ったんです。でも、最初に制作に向けての話をした時に“バラードですよね、やっぱり”って言われたので、“いえ、私はKing Gnuそのもののエッセンスが欲しいんです。だから、もう思い切りやっちゃってください”ってお願いしました。ここまで言葉数が多い曲って歌ったことがなかったので、“また新しい人格が増えた”と思ってすごく嬉しかったですね。

──こういう表現をレオさんに歌わせるんだ!?というところも思い切ったなと。

そうですね。歌詞の解釈は自分の中でいくつかあったので、レコーディングで全部試したんです。そうしたら“演じないほうがいいよ”って言われて。自分の中でドラマを起こそうとしないことが大事なんだなって。

──歌うことでもうドラマになってますから。

あー、なるほど! そうかもしれないですね。

1/2ページ

最終更新:4/17(水) 18:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事