ここから本文です

巨人山口3連勝で2位浮上!中日大野雄573日ぶり白星、燕堅首…16日セ・リーグは?

4/17(水) 7:20配信

Full-Count

広島は6カード連続でカード勝ち越しなし、虎ガルシアは3戦連続7失点

 セ・リーグは16日、各地で3試合が行われた。

 巨人は鹿児島で広島に8-2で快勝し、2位に浮上した。初回2死一、二塁でゲレーロの左前適時打で先生すると、2回には1死満塁から丸の三ゴロの間に追加点。さらに2死一、三塁からはビヤヌエバの飛球を左翼・松山が照明でボールを見失って2点二塁打となった。7回には岡本の3戦連発、鹿児島では2年連続となる6号ソロ、陽岱鋼の1号ソロでダメ押した。先発の山口は7回3安打2失点に抑えて開幕3連勝を飾った。広島は先発のジョンソンが3回5安打4失点と試合を作れず、開幕から6カード連続でカード勝ち越しがなくなった。投打が噛み合わず、2連敗で借金8に膨らんだ。

【動画】巨人の4番岡本が2年連続で薩摩弾! 7回に左越え6号ソロを放ち勝利に貢献

 中日はナゴヤドームでDeNAに7-1で大勝した。3回に先頭・平田の左越え3号ソロなどで4得点。5回には加藤の適時打、8回には京田の適時打でリードを広げた。先発の大野雄は7回途中5安打1失点の好投で、17年9月20日ヤクルト戦以来となる573日ぶりの勝ち星を挙げた。チームは再び貯金1。DeNAはドラフト1位の上茶谷が4回9安打5失点でプロ初勝利はお預け。3位に転落した。

 ヤクルトは松山で阪神に9-5で打ち勝った。2点差を追いついた初回2死一、三塁で村上の右中間4号3ランで逆転。2回には雄平、西浦の連続適時打でリードを広げた。先発の原は11安打5失点でチーム初完投。2勝目を挙げた。阪神は先発のガルシアが2回途中で3試合連続7失点。背信の投球でチームは10敗に到達。借金4となった。

Full-Count編集部

最終更新:4/17(水) 7:20
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事