ここから本文です

【MLB】ダルビッシュの「3人KO」159キロ死球、打者は“苦悶”「彼は球速を上げていた」

4/17(水) 9:52配信

Full-Count

球審の胸元と女房役の背中にも当たる、意図的だったかとの質問に打者は…

■カブス 7-2 マーリンズ(日本時間16日・マイアミ)

 カブスのダルビッシュ有投手が15日(日本時間16日)の敵地マーリンズ戦で5回2/3を投げ、4安打8奪三振2失点で今季初勝利を挙げた。降板直前の最後の一投となった99マイル(159キロ)の剛速球は打者の太もも付近に直撃する死球となっただけでなく、跳ね返って球審の胸元、女房役の背中にも当たり、米国で大きな話題に。被害者となったルイス・ブリンソン外野手は“恨み節”を漏らしている。MLB公式サイトが報じている。

【動画】最速159キロを記録も死球に…ダルビッシュのキャリアで“最もすごい”ファストボールで3人が“KO”

“恐怖の瞬間”だった。カブスが5-2とリードして迎えた6回2死走者なしの場面で、ダルビッシュが打席に迎えたのはメジャー3年目の24歳外野手ブリンソン。カウント1-1で迎えたこの日の96球目、99マイルのファストボールは内角へ投じられた。

 ブリンソンは急いで腰を引いたが、太もも付近を掠める死球に。軌道を変えたボールはオノラ球審の胸元を襲い、女房役のコントラレスの背中にも当たった。地元紙「USAトゥデー」が「ユウ・ダルビッシュが時速99マイルのファストボールで3人をノックダウン」と報じるなど、米メディアやSNS上で大きな話題を呼んだ。

 被害者となったブリンソンは痛みからフィールド上でしばし動けず“苦悶”し、途中交代となった。

「自分が判断できることはないよ。騒動のような感じになったけどね」

 記事によると、この試合でマーリンズ投手陣はカブスのブライアントに2度、コントラレスに1度、計3度死球を与えていたために、ダルビッシュの1球が報復目的で意図的だったのか、という質問をブリンソンは試合後に受けたという。

「わからないよ。彼は球速を上げてきていた。交代になるとか、知っていたのかもしれないね」

 この1球の後、ジョー・マドン監督はクオリティスタート(6回以上を投げて自責3以下)達成まで打者1人だったダルビッシュに降板を告げたが、ダルビッシュのギアアップは降板を察知していたゆえ、とブリンソンは分析している。

「しかし、そこから自分が判断できることはないよ。騒動のような感じになったけどね」

 ブリンソンはこう語った。地元テレビ局解説も「シーズン中に残り続ける類のアザでしょうね」と同情していたが、珍しいデッドボールの被害者もまた注目を集めることになった。

Full-Count編集部

最終更新:4/17(水) 12:17
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事