ここから本文です

【MLB】マリナーズ、開幕20戦連続本塁打も首位陥落 指揮官「攻撃が機能しなかった」

4/17(水) 15:52配信

Full-Count

8回のブルース弾でメジャー記録更新も2点止まり「明日また頑張るだけ」

■インディアンス 4-2 マリナーズ(日本時間17日・シアトル)

 菊池雄星投手(27)が所属するマリナーズが16日(日本時間17日)、本拠地シアトルでのインディアンス戦に2‐4で敗れ5連敗。前日15日に、勝率で4厘差を付けたアストロズがこの日のアスレチックス戦に勝利し10連勝を飾り、マリナーズは遂に0.5ゲーム差を付けられた。3月20日の東京ドーム開幕戦に勝ち圧倒的な勢いを誇ってきたが、17年に世界一に輝き同地区2連覇中のア軍に一気に抜き去られた。

【動画】「この図はなんとも魅惑的だ」…イチロー通算3089安打のコース分布図が米で話題に

 マリナーズは2回に、四球と暴投で得点好機を作り先発マスクを被ったマーフィーの適時打で先制。しかし、その後は打線がかみ合わず、7回まで無得点。8回に5番ブルースが8号ソロを右翼に放ち、更新していた開幕からの連続試合本塁打を「20」として、メジャー記録を伸ばす見せ場を作ったが、9回は得点圏に走者を置きながらも好機を生かせず無得点に終わり万事休す。 

 サービス監督は「攻撃が(望む通りに)機能しなかった。明日また頑張るだけ」と言葉少なに振り返った。 

 前日の同カードでメジャー初黒星を喫した菊池はこの日、キャッチボールや遠投、ランニングなどで調整。次回登板は20日(日本時間21日)のエンゼルス戦に決まり、3試合連続の中4日での登板でメジャー初勝利を目指す。

木崎英夫 / Hideo Kizaki

最終更新:4/18(木) 9:42
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事