ここから本文です

西武内海、実戦復帰で3回2安打無失点 最速140キロもヤクルト2軍打線を料理

4/17(水) 16:21配信

Full-Count

左浅指屈筋の肉離れから復帰へ、予定されていた3イニングを投げる

 左浅指屈筋の肉離れで離脱していた西武の内海哲也投手が17日、ヤクルトとの2軍戦(メットライフ)で実戦復帰を果たした。

【写真】おかわり君と挨拶代わりの抱擁…早速チームに溶け込む内海哲也

 6回に内海の名前がコールされると、スタンドから拍手が起きた。3月2日の広島とのオープン戦(佐賀)以来の実戦登板となったこの日は予定されていた3イニングを2安打無失点で投げ切った。直球の最速は140キロながら、多彩な変化球で打者を寄せ付けず、わずか37球でスワローズ打線を片付けた。

 小野投手コーチは「中6日で100球を投げられるようになったら」と1軍復帰の目安について話しており、今後も状態を見ながらファームで登板を重ねていくことになりそうだ。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:4/17(水) 16:41
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 21:50

あなたにおすすめの記事