ここから本文です

レッドブルF1代表、今後もトップ2チームとのギャップを縮めることに焦点

4/17(水) 17:15配信

オートスポーツweb

 レッドブル・ホンダには、2019年シーズン中に5勝できるポテンシャルがあるというのが、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士の見解だ。

2019年F1第3戦中国GPで10位に入賞して上機嫌なアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)

 しかし、マルコ博士の予想と異なりレッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、「ヘルムートが楽観的な物の見方を好むのは明らかだ」と自身の考えを述べている。

「2019年シーズンに入ってまだ3戦目だが、チームの観点から、優勝に関してはいかなる目標も設定していない。我々の目標はトップチームのメルセデスとフェラーリとの差を縮めることにある」


「誰もができるだけ競争力を高め、できるだけ速くなることに関心があるものだ。そこから生まれる結果がレースの行方を決定づける」とホーナーは語った。

「進化がすべてだ。今年の目標は、メルセデスとフェラーリとの差を縮めることに尽きるし、そのことを実践している。中国ではフェラーリのふたりの間に割って入ったし、レースペースでは確実にメルセデスに近づいている。今シーズン前半のどこかで、我々が追い上げているなか、トップ2チームが順位を下げることもあるだろう」

 ホーナーによると、レッドブル・ホンダは2019年のパッケージ開発を順調に進めているという。

「バーレーンGPの後、非常に素晴らしいテストを行うことができた。そこで一部の問題を理解し、いくつかの対処を施した。まだ前進すべきところはあるが、我々は正しい道を歩んでいる」

 今季のチームの目標は何なのだろうか?

「私は常に、どれが一番速いマシンなのか、そこに至るには何が一番早い方法なのかを考えている。そしてそれはレースごとに異なるんだ。バーレーンではそれがフェラーリだったし、中国ではメルセデスだった。そして誰もがその差を縮めようとできる限りの努力をしている」

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/17(水) 17:15
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事