ここから本文です

トリガイ漁解禁

4/17(水) 15:14配信

北國新聞社

 高級二枚貝の天然トリガイの漁が17日、石川県内唯一の漁場である七尾湾で解禁され、七尾市の石崎漁港に次々と水揚げされた。1個200グラムを超える大ぶりの貝もあった。資源量の減少で休漁が続いた時期もあったが、2年連続の解禁となった。漁師や漁業関係者は「大きさは上々。豊漁になり多くの人に食べてもらいたい」と期待を込めた。

 七尾湾内のトリガイ漁は、石崎漁港を拠点に小型底引き網の一種「貝けた網」を漁船で引いて行われ、初日は漁船10隻が出漁した。七尾湾産は他の産地に比べて肉厚でうま味が濃いとされ、大半が首都圏や関西方面へ出荷される。

 七尾湾漁業振興協議会などによる昨年10月の調査で、推定資源量が前年並みを維持していたため漁の実施が決まった。5月30日までを予定している。

北國新聞社

最終更新:4/17(水) 15:34
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事