ここから本文です

大麻入りバッグを落とし発覚、男ら8人逮捕 佐賀

4/17(水) 10:57配信

佐賀新聞

 佐賀県警佐賀南署は16日までに、大麻取締法違反(営利目的共同所持など)の疑いで、佐賀市本庄町末次、飲食店経営者(22)ら20代の男8人を逮捕した。そのうちの1人が2月中旬に大麻が入ったセカンドバッグを落とし、警察に拾得物として届けられたため発覚。その後の捜査で経営者らの容疑が浮上した。

 同署は3月下旬、経営者の佐賀市愛敬町の飲食店を家宅捜索し、大麻約140グラム(末端密売価格約70万円)を押収した。大麻密売の拠点とみて、仕入れ先や譲渡先を調べている。

 他に逮捕されたのは、同店従業員の男(21)=佐賀市兵庫南4丁目、同店従業員の男(23)=同市光2丁目、遊技場従業員の男(23)=同市天祐1丁目、アルバイト従業員の男(23)=同市六座町=の4容疑者と、佐賀市の20代の男3人=うち2人は処分保留で釈放。

 経営者ら4人の逮捕容疑は、共謀し、3月22日午後9時50分ごろ、佐賀市内の飲食店で、営利目的で大麻約1・13グラムを所持した疑い。

最終更新:4/17(水) 12:12
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ