ここから本文です

吉高由里子「定時で帰ります」初回は9・5%

4/17(水) 9:54配信

日刊スポーツ

吉高由里子(30)主演のTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(火曜午後10時)の第1話が16日に放送され平均視聴率が9・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

【写真】舞台あいさつする左から内田有紀、向井理、吉高由里子、中丸雄一、ユースケ・サンタマリア

同ドラマは、朱野帰子氏の同名小説が原作。“定時で帰る”をモットーとする吉高演じる主人公・東山結衣がくせ者ぞろいの上司や同僚たちの間で奮闘する姿を描くワーキングドラマ。

第1話の内容は、主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールをたしなみ、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。

だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前にくせ者社員たちが立ちはだかる。

ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ケ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼らくせ者たちが抱えるさまざまな問題に、結衣はどう立ち向かうのか。

最終更新:4/17(水) 10:36
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事