ここから本文です

江口ともみ、徘徊する高齢者を保護した過去

4/17(水) 9:54配信

日刊スポーツ

たけし軍団つまみ枝豆(60)の妻でタレントの江口ともみ(51)が、徘徊(はいかい)する高齢者を保護した過去についてつづった。

【写真】江口ともみ「怖かったよぉ」高速道路で幅寄せ被害

江口は17日、インスタグラムを更新。知人の認知症を患っている祖母が行方不明になっているとの情報を伝え、協力を呼びかけた。

続けて「20年くらい前、私は高速道路の出口の坂を歩いているおばあちゃまを保護して車に乗せた事がありました。セーターの背中に電話番号と住所が書かれた布が縫い付けられていたので、まず電話をしたら、高齢なご主人さまがいらして、ご自身も足が悪くて家を出てしまうと追いかけられず、警察によくお世話になると。。。」と、高齢者を保護した経験をつづった。

「車で送っている時、おばあちゃまは『空を見上げたら、どこにいるかわからなくなっちゃったの』と笑顔。暫くすると車前方を指差して『ほら 綺麗ねぇ』と。おばあちゃまの指先にはとても綺麗な夕陽でした。その時から私は夕陽や朝陽、月や星を見るのが好きになりました」と、当時のやりとりを振り返り、「ハルミさんが無事保護されますように」と、知人の祖母の無事を祈った。

最終更新:4/17(水) 10:36
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい