ここから本文です

シャケトラ調教中に左前脚骨折 安楽死処分に

4/17(水) 11:18配信

日刊スポーツ

天皇賞・春に向けて調整していたシャケトラ(牡6、角居)が17日、1週前追い切り中に骨折し、安楽死となった。

【写真】重賞連勝で阪神大賞典を制したシャケトラ

Cウッドコースの直線で左第1指骨を粉砕骨折。予後不良となった。角居師は「もう駄目でした…。安楽死になると獣医師に判断されました。もともと骨折で1年待った馬。弱い箇所に負担がかかってしまったのかもしれません」と険しい表情で話した。

同馬は今年、1年1カ月ぶりに実戦復帰したAJCCを勝利。続く前走、阪神大賞典も勝ってG2連勝を飾り、G1初制覇が期待されていた。通算成績は13戦6勝。重賞は他に17年日経賞(G2)の計3勝。付加賞を含む総収得賞金は2億7512万5000円。

最終更新:4/17(水) 16:42
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ