ここから本文です

アーモンドアイ「欧州に行かない」国枝師一問一答

4/17(水) 15:57配信

日刊スポーツ

シルクレーシングによるアーモンドアイ(牝4)の凱旋門賞見送りの公式発表を受け、管理する国枝師が取材に応じた。

【写真】表彰式に出席する国枝師、ルメール騎手らアーモンドアイ関係者

-登録を行わなかった一番の理由は

国枝師 オークス、秋華賞、ジャパンC、ドバイとレース後に熱中症のような危ない状況が続いていたことです。ドバイはレース直後は大丈夫だったけど、あとになって、そういう症状が出ていた。凱旋門賞は負担重量など、いろいろなものを考えて、今回は登録をしないことになりました。

-選択肢として最初の登録だけでもしておこうという考えは

国枝師 盛り上がったとは思いますが、オーナーと十分に話し合った結果、決めました。

-帰国後のアーモンドアイの様子は

国枝師 先週、馬の様子を見てきたが、馬体の張りは落ちるけど、脚もとはまったく問題ないです。

-今後の予定は、今年は国内専念なのか?

国枝師 欧州に行くことはないと思います。夏はレースを使わないと思うので、春にもう一戦するかどうかというところになる。ヴィクトリアMまではあまり時間がないし、安田記念は候補になると思う。秋は天皇賞があるし、昨年勝っているジャパンCもある。今後についてはまたこれから馬の様子を見て、決めていくことになると思います。

最終更新:4/18(木) 14:58
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事