ここから本文です

ATPファイナル東京で開催か 錦織興奮の高待遇も

4/17(水) 18:12配信

日刊スポーツ

男子テニスツアー、最高の舞台が日本にやってくるか!?

英国のメディアは17日、年末の上位8人だけが出場できる男子テニスのツアー最終戦ATPファイナルが20年を最後に、開催地のロンドンを離れることが確実になったと報じた。21年からの開催地には、イタリア・トリノか東京が有力とされている。

【写真】地下鉄で自撮りする錦織ら8人の出場選手

ATPファイナルは、09年からロンドンのO2アリーナで開催されてきた。しかし、ツアーを運営するATPは、21~25年の開催地を公募。世界40都市以上から応募があったが、昨年12月に、現在の開催地ロンドンを含むマンチェスター(英国)、シンガポール、トリノ、東京の5都市に絞られたとATPが発表していた。

ATPファイナルは、70年に東京で第1回が行われ、ロンドンを含む15都市で開催されてきた。世界のトップ8だけが出場を許されるエリート大会で、超豪華な待遇でも知られており、錦織圭が初めて出場した14年には「王様になったような気分」と大会を評していた。東京の招致には、日本テニス協会は直接、かかわっていない。

最終更新:4/17(水) 21:07
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ