ここから本文です

広島西川、鬱憤晴らすチーム30イニングぶり一打

4/17(水) 20:48配信

日刊スポーツ

<巨人4-5広島>◇17日◇リブワーク藤崎台

広島西川龍馬内野手(24)が7回1死二塁から代打出場し、右中間へ適時三塁打を放った。

【写真】代打西川は右中間に長打を放ち二塁を蹴って三塁へ

チームにとって30イニングぶりの適時打で同点に追い付いた。「チャンスだったので、絶対に返してやろうという気持ちで行きました。1本出て良かったです」。2試合連続スタメンから外れた鬱憤(うっぷん)をバットにぶつけ、スライディングで三塁に到達すると思わず両手をたたいた。

最終更新:4/18(木) 19:51
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/24(水) 11:45

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ