ここから本文です

巨人高橋「リズム悪かった」1失点粘投も偉業逃した

4/17(水) 22:42配信

日刊スポーツ

<巨人4-5広島>◇17日◇リブワーク藤崎台

巨人のルーキー高橋優貴投手が、偉業を逃した。7四死球を与えながら、粘りの投球で5回1/3を2安打1失点。

【写真】6回表広島1死、宮本コーチに降板を告げられる高橋

大卒新人で先発デビューから2戦2勝は球団史上初だったが、救援陣がリードを守れずにチームも敗れた。「野手のみなさんおかげで何とか最少失点でしたが、四球が多く、リズムも悪かった」と反省した。

最終更新:4/18(木) 19:42
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事