ここから本文です

巨人高橋の対右、クック入り方に難あり/佐々木主浩

4/17(水) 23:14配信

日刊スポーツ

<巨人4-5広島>◇17日◇リブワーク藤崎台

巨人先発の高橋は右打者と左打者で制球に差がありすぎた。左に投げている時は安心して見ていられるのに、右を相手にするとストライクを取るのにも四苦八苦していた。球種も、右に対してはチェンジアップのようなスクリューボール以外、自信を持って投げられる球がなかった。

【写真】中前適時打を浴びて天を仰ぐクック

今日の広島のスタメンには左打者が3人おり、走者がいる場面で運良く松山や安部と対戦することが多かった。これがもし右打者を並べられた時に同じような投球をしていたら2点では収まっていないだろう。プロに入ったらルーキーだからという言い訳はできない。試合の中で修正する方法をもっと勉強してほしい。

もう1人、気になったのが抑えのクック。野間に初球の甘い直球を左前打されたのがきっかけで逆転を許した。相手チームはクローザーが出てきた時、その投手の1番良い球を狙う。クックの場合は直球だ。だからこそ先頭打者に対する入り方にはもっと慎重にならないといけない。一、三塁から西川の一ゴロを岡本がすぐに二塁へ投げず、併殺を取れなかった。そういう不運もあったが、守護神はいろんなミスがあったとしても抑えきらないといけない。そういうものだ。

とはいえクックにしても、高橋にしても今日のような経験をどんどん次に生かしていけばいい。高橋のあのスクリューは素晴らしい。あれだけ右打者がタイミングを取れないのだから。この球を生かすのは直球。次は右打者の外角低めにきちんと真っすぐが投げられるところを見てみたい。(日刊スポーツ評論家)

最終更新:4/17(水) 23:28
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事