ここから本文です

ヤクルト―阪神 松山でプロ野球公式戦 1万9000人の熱き応援

4/17(水) 9:19配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛の夜に傘の花満開―。プロ野球公式戦のヤクルト-阪神戦(フジ特別協賛、愛媛新聞社など共催)が16日、松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで行われ、県内外から詰めかけた約1万9千人が両チームに熱い声援を送った。
 セ・リーグで首位に立つヤクルトの一塁側スタンドには、緑色のユニホームを着たファンが続々と集まった。岡山市から母の琴理さん(50)と観戦に訪れた会社員江田鉄兵さん(24)は20年来のヤクルトファン。「グラウンドまでの距離が思っていたよりも近くて驚いた。先発の原投手には長いイニングを投げて、できれば完投してほしい」と期待を込めた。
 ヤクルトは0―2の一回裏、村上宗隆一塁手の3点本塁打などで一気に逆転。二回にも2点を追加すると、スタンドは定番の「東京音頭」に合わせて色とりどりの応援傘の花が咲いた。新谷ソフトボールスポーツ少年団の男子児童(11)は「とても高いファウルボールが上がったり、守備のカバーがとても速かったりしてすごい」と、プロのプレーに見入っていた。
 「えひめ愛・野球博」実行委員会は、昨年7月の西日本豪雨で被災した南予地域の親子ら約100人を招待した。

愛媛新聞社

最終更新:4/17(水) 10:50
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事