ここから本文です

旧松山藩主 久松家大名墓 松山へ 東京の菩提寺の墓石老朽化で改葬

4/17(水) 12:21配信

愛媛新聞ONLINE

 老朽化で墓石倒壊の恐れがあるとして、行方が注目されていた歴代松山藩主・久松家の大名墓が、東京都内の菩提寺・済海寺から愛媛県松山市内の菩提寺・大林寺などに移されることが16日までに決まった。関係者によると、済海寺側が墳墓49基を撤去し、境内に合祀(ごうし)墓を設置する承諾を久松家に求めて2015年に東京地裁へ申し立てた調停は18年9月に成立した。

愛媛新聞社

最終更新:4/17(水) 12:21
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事